ホームページ >

一部地域で子供服の不合格率が7割超ユニクロなどの直接違反

2014/10/20 11:43:00 331

一部、地域、子供服、不合格率、7割、ユニクロ

国標は子供服の使用範囲を2歳から3歳に拡大

子供服市場にはまだ標識がはっきりしないなどの5つの騒動が残っている

H&M、ユニクロ、ウォルマートなどが違反の疑い

最近になって、子供服問題が頻発し、複数の地方商工部門が児童服の抜き取り検査を行ったところ、多くの部分の抜き取り検査された児童服は不合格で、一部の地域の児童服の不合格率は7割を超えた。

記者が最近市場を訪問したところ、子供服市場には確かに多くの問題が存在し、消費者が肉眼で直接判断できないホルムアルデヒドの基準値超過、PH値の基準値超過などの問題を除いて、最も基本的な製品表示にも多くの問題が存在し、消費者は購入時に違和感を感じていることが分かった。乳幼児の服装を例に、記者の調査によると、紡績品の新基準が公布されて2年になるにもかかわらず、子供服市場は規範化されておらず、H&Mやユニクロなどの大手企業も次々と「直接違反」している。

子供服の規格

乳幼児用に着用できるのはA級のみです

2012年8月1日より、国家紡績製品品質検査センターなどが起草した改正版「国家紡績製品基本安全技術規範」(GB 18401-2010)の全面的な強制実施を監督する。2003年に発表された旧版の基準に比べ、新国標では「乳幼児服」の範囲が拡大した。まず、「乳幼児服」の適用年齢は2歳から3歳に拡大し、適用される身長サイズの範囲は元の80センチから100センチに引き上げられた。

また、新しい国標は、製品標識に製品実行基準を表示し、GB 18401の要求に応じて製品実行の安全技術カテゴリを表示することを規定している。つまり、乳幼児服には「乳幼児用品」「A類」「GB 18401-2010」などの文字を表示するとともに、製品規格(身長、バスト、ウエストなどの情報)を表示しなければならない。新基準を満たしていない紡績製品については、生産、販売、輸入を禁止する。

国家紡績製品品質監督検査センターの郭文松副主任は記者に対し、「新基準によると、服装はA、B、Cの3つの安全レベルに分けられ、A種類の製品だけが乳幼児に着用できることを明らかにした。直接皮膚に接触する服装はB類製品の技術要求に符合し、直接皮膚に接触しない服装はC類製品の技術要求に符合しなければならない。しかし、後者が乳幼児服であれば、A類製品の技術的要求にも達しなければならない。

レベルによっては有害物指標の制限量が全く異なることも意味し、A級が最も厳しく、ホルムアルデヒドに対する要求のように、A級の基準は20 mg/kgで、B類は75 mg/kg、C類は300 mg/kgである。

五大乱象

新規格の実施2年間は旧規格が残っている

現在、紡績製品の新国家基準が実施されて2年以上になるが、市場の状況はいったいどうなっているのだろうか。

天意卸売市場では、記者はここの子供服の表示がさまざまで、その中には2003年の旧版基準を実行しているものもあることを発見した。

安全技術カテゴリ表記:18401-2003、Bクラス。しかし、どのような身長の子供が着るのに適しているのかを消費者に判断させる表示はありません。産地広東省の楽迪虎は2003年の旧国標であることを示すだけでなく、基準にある「GB」を直接「CB」と表記している。

このような古い基準を実行している製品は卸売市場だけでなく、記者も街頭の小さな店で多く発見した。

また、子供服ブランドでは、新たな基準を実行すべきだと認識したのか、子供服の表示板の「GB 18401-2003」の「2003」を直接サインペンで「2010」に変更したものもある。

ラベルに有効な情報が見つかりません

いくつかの製品に比べて、どのような安全技術カテゴリ基準を実行しているのかが表示されている服装に比べて、表示すべき情報が表示されていない子供服も多い。キリチルの子供服のように、「一等品」と価格などの情報だけが表示されています。また、サイズが「100」と表示されているにもかかわらず、「乳幼児用品」や「A類」の表示がまったく見つからないセーターもあります。

これらの製品について、販売員は、これは外国貿易から国内向けに販売されている子供服なので、表示がなく、ブランドやメーカーがありません。

面白いことに、ビョウ星の子供服シリーズのような曖昧なラベルを掲げた業者もある。ラベルには「GB 18401 A/B」が印刷されており、A、Bの2種類が同時に表示されており、消費者はどうすることもできない。記者は店員に2歳の子供が着ている上着が国の基準A類の基準に合っているかどうかを尋ねたが、店員は「これはすべて純綿で、きっと問題ないから、安心して着て」と言葉を濁した。

  ネット販売子供服の標準が不足している

記者が淘宝網で「乳幼児服」を検索したところ、約4万4000点の宝物があり、デビッド・ベラ、アンテナベビー、哈町などのブランドがあり、いずれも詳細な画像資料と検査報告書が「GB 18401-2010 A類」の基準を満たしていることが明らかになった。しかし、多くの乳幼児用子供服タオバオ店が宣伝ページに新基準に合致する証拠を明示しておらず、記者がカスタマーサービスの製品が「GB 18401-2010 A類」基準に合致しているかどうかを尋ねたところ、「合致するだろう。私たちの製品はすべて合格して売っている」と答えも曖昧だった。記者はラベルや標識板を撮影するように要求した。カスタマーサービスは在庫と呼ばれる場所とカスタマーサービスがある事務所は1カ所ではない。

タオバオの売り手はよく「外国貿易輸入」「韓国の子供服」「生地純綿(95%以上)」などの看板を掲げて買い手を引きつけているが、それは新国標に合致する証明を提示することができないだけでなく、サイズ表示の方式については「6ヤード」「7ヤード」など、国標で求められる「身長/ウエスト」表示方法とは明らかに異なる。

記者は多くのコメントを見て、あるバイヤーは「正直に言うと、店が説明したように、受け取った時は少しがっかりしたが、実際には正価数十元の品質で、中の綿を心配して、消毒液で浸してから宝物に着ることができた」とコメントした。{page_break}

 ユニクロなどの大手ブランドも違反

卸売市場、街中の小さな店、電子商取引ルートで不合格になった乳幼児服が予想外のことだとすれば、国際的な大手ブランドの直接違反には愕然とする。

西単大悦城H&M店では、ここで販売されている90/56(身長/バスト)の上着に「乳幼児用品」の文字がなく、B類と表記されていることが分かった。

新街口新華百貨店ユニクロの店舗では、上着に「80/48」と表示された下着も「B」と表示されており、ラベルには実行基準について手書きで書かれていることが分かった。

生産企業を除いて、大手小売店ウォルマートで、記者は販売されている女の子の綿入れを発見し、型番は「100/50」、ラベルは乳幼児用品と表示されていたが、同じ型番の製品ラベルには元の「A」類の文字が塗改液で消されていたが、他の等級の文字は見つからなかった。具体的な原因については、スタッフは明らかにしていない。

これらの大手企業が生産・販売している乳幼児用衣料品について、郭文松氏は、ラベルが合格しても、製品が合格するとは限らないと述べた。これらの大手企業の表示はすべて不合格で、これだけで不合格商品と断定することができ、その中の各有害物質が基準を超えているかどうかは、専門的な検査が必要である。しかし、結果がどうであれ、消費者はこのような製品を見ることはできない。

乳幼児と大童の境界線をぼやかす

記者は、現実には2歳以上の赤ちゃんの身長が速くて100センチ以上の服を選ばなければならない場合もあるが、100センチ以上の子供服は国の基準に基づいて非A類安全指標を実行することができ、これによりママたちは、製品中の危害物の含有量がまだ乳幼児の子供に被害を与える可能性があるのではないかと心配している。

いくつかの賢い企業は明らかにこのビジネスチャンスを逃していない。H&Mで記者が発見したのは、110/56の「子供用ニット上着」で、実行される安全技術基準はBクラスだが、2-4歳の子供に適しているという。このように表示されている服は多く、H&MのほかにもZARAなどにも表示されています。

製品が適用される人の範囲に2歳から3歳の乳幼児が含まれていると主張している以上、その実行基準はA類ではないか。企業には国の標的をくぐった疑いがあるのだろうか。

「消費者の心理的な観点から見れば、このように理解するのは一理あるが、国標によれば、商店がこのように表示しても違法ではない。年齢層は商店が追加で表示しているからだ」と郭文松氏は述べた。市場には、0~6歳の乳幼児用衣料品はすべてA級基準を実行している企業もあり、成人用衣料品もある。記者は昨日、楽友妊娠子供服三元橋店で、下着、コート、ズボン、手袋、靴下、帽子など0-6歳の製品には確かに「A類」、「乳幼児製品」の文字が表示されていることを発見した。店内で販売されている妊婦服の中には、A類基準が実行されているものもあります。

「企業が国家基準を上回る企業基準を執行することは企業の自主自律行為であり、市場競争力を強化することは間違いない」と郭文松氏は同時に強調したが、企業はもともとB類基準を実行できる100センチ以上の子供服に対してA類基準を実行することを約束しているが、検査によってB類がA類基準に達していない場合は違反である。

消費者態度

重さと材質はラベルをあまり見ない

記者の調査によると、子供服の店主だけでなく、多くの保護者も乳幼児服の新しい国標を知らないことが分かった。ある2歳の赤ちゃんの牛さんは記者に、自分で子供に服を買ってあげるのはネット通販もあれば、大型デパートやスーパーでも選ぶので、デザインがきれいで、服の材質や手触りを見て、ラベルに気をつけたことがないと話した。

ブランド品を認めている消費者もいる。H&M店では、多くの保護者が子供に服を買ってあげるときに買っていいと思って買っていることに気づき、記者がラベルの問題を伝えると、現場で買った母親たちはほとんど知らなかった。

「消費者の服装の安全に対する意識は確かに高まる必要がある」。ある妊娠中の赤ちゃん会社の責任者は記者に、会社が何度も調査したところ、多くの母親は食品の安全だけに注目しているが、実際には子供が粗悪な服装をしていることにも大きな危害があり、製品の等級表示を軽視してはならず、乳幼児1件

  • 関連記事

消費者の疑問の製品の欠陥:千ECCOカジュアルシューズは半年で3つの靴ひもを磨き切れます。

消費権
|
2014/10/17 23:49:00
110

海外代理購入の偽造の内幕を明らかにします。灰色の産業チェーンは百万人を養っています。

消費権
|
2014/10/17 9:28:00
98

慧眼識真皮ソファ:表層だけが動物皮革であることを根絶する。

消費権
|
2014/10/16 11:53:00
88

消費者のインターネットサービスへの不満はますます高まっている。

消費権
|
2014/10/16 10:09:00
91

内モンゴルのネットショッピングの消費者は靴を買って泉の異郷で権利を維持することに成功しました。

消費権
|
2014/10/13 17:12:00
87
次の文章を読みます

匡威は「盗作風」に向かって、31の国際企業の権利侵害を告発した。

実は今回の訴訟の前に、匡威はジョダン体育登録の図形商標「五角星」に対して商標と似ています。匡威はジョーダン体育を起訴しましたが、一審で敗訴しました。匡威によると、同社は2008年からChuckT aylorAll-Starの古典的なキャンバス靴について権利を侵害されていることについて、180以上の禁止令を出し続けている。