ホームページ >

インテリジェント化、紡織服装業の製造変革を促します。

2019/9/10 17:31:00 48

江蘇国際服装節、インテリジェント化、インテリジェントワークショップ、グリーン工場、モデルチェンジアップ

全自動パーマフリースタンプ機、全自動ゴム機、全自動バックルシステム…第21回江蘇国際服装節展覧会の現場で、友達機械有限公司は「新秀ミシン」を展示しています。「この3年間、国産のスマートミシンは急速に成長し、市場向けの専門化機器は手軽で学びやすい」例えば、友達技術技師の施国忠さんは布袋を貼るという小さい一環で、以前は20万元以上の日本の全自動ポケット付機を使っていましたが、今は国産機械の価格は10万元に満たないです。

展示会には「新秀ミシン」のような新しい設備がたくさんあります。江陰興呉ラシャ科技有限公司は、紡毛織物で有名なピジン鎮に位置しています。町で唯一のホワイトグラニー縮むマシンを使ったラシャ企業です。販売マネージャーの李傑さんは言います。変化するのは「ハード」だけではなく、「ソフト」もあります。服装と単業務の流れをカバーする艾格文服装と単管理システムは、サンプルの価格と準備材料、生産リストと注文コストの両方を考慮して決算します。艾格文市場部のスタッフの鄭凌楠さんは「以前の人工箱詰めは手抜かりや効率が低下し、一定の汚染が発生していたが、服のトラッキングシステムを使って効率が著しく向上し、コストは以前より高いが、市場の人気が高く、将来の発展の傾向にある」と話しています。

香港立信グループの王清泉取締役は展覧会に「全プロセスのグリーンデジタル化による染色解決案」をもたらし、生産製造プロセス全体の監視と管理を通じて、モノのインターネット技術を利用して、機械設備を相互接続にし、生産と排出のデータを記録し、知能化生産を実現し、人工汚染を減少させる。現場では、監督管理ソフトから生産設備まで、紡績服装業界はすでに労働集約型産業ではなく、全面的にインテリジェント化時代に入っているという信号が出されました。

江蘇は情報化、インテリジェント化、ネットワーク化、グリーン化を主な方向とし、新技術とクラスタの深度融合を促進し、紡績服装産業のモデルチェンジ・アップを導く。江蘇紡織工業協会名誉会長の謝明さんによると、現在全省紡績業界はすでに省級モデル知能作業場52社を建設しました。国望高科、旭栄ニット、無錫百和織造、斯爾克繊維などの企業は相次いで工信部にグリーン工場と認定されました。

  • 関連記事

江蘇—イタリア紡織服装業界円卓会議は海安で開催されます。

ファブリック
|
2019/9/10 17:31:00
146

紡績業は「ファッション気候革新2030行動」を推進する。

ファブリック
|
2019/9/10 17:31:00
179

太極石·2019中国紡織精鋭森林ハイキングチャレンジ大会が円満に幕を閉じました。

ファブリック
|
2019/9/10 17:31:00
39

武漢紡織大学の歓迎現場:スマートロボットは舞紡より大きいです。

ファブリック
|
2019/9/10 17:21:00
10

第六回中印戦略経済対話はインドニューデリーで行われます。

ファブリック
|
2019/9/10 17:21:00
19
次の文章を読みます

A.P.C.X Brain Deadとのコラボ「INTERACTION_3」シリーズが発売され、脳の穴が開いています。

A.P.C.x Brain Deadとのコラボ「INTERACTION_3」シリーズが発売されました。