ホームページ >

ブティックの婦人服は“0”の基礎の婦人服の店をオープンする技巧を教えます。

2019/10/8 11:09:00 0

婦人服の店をオープンして、店をオープンして必ず読んで、婦人服の店の技巧をオープンします。

  

 店の内装は必見です

店の設計の良し悪しを測る直接基準は、商品の売れ行きを見ることです。一つの店舗のインテリアデザインを受けた時、まずこの店で売られている商品の形態と性質を分析します。目的は様々な人為的なデザイン要素を利用して商品の形態と個性を強調することです。商品の分析は大体次の何時から始まりますか?

  第一に、商品の種類の大きさの範囲:同種の商品の大きさの変化幅はどれぐらいですか?例えば、楽器店には大きなピアノと精巧なハーモニカがあります。書店とメガネ屋の商品は基本的に同じです。このような変化の幅は異なった空間感をもたらし、変化の幅が大きい商品は、形が豊富であるが、ばらばらになりやすい。変化幅の小さい商品は整然と並んでいますが、単調になりやすいです。

  第二に、商品の形:同じ商品の形が変化すると空間が活発になりますが、玩具屋さんのように乱雑になりやすいです。販売されている商品のイメージの違いが大きくなければ、発想の空間は変化を重視しなければならない。例えば靴の形があまり変わりません。私たちがよく使う靴屋さんは全部分類されています。これは人々の興味を引きにくいです。逆に、海外の靴屋さんは空間と陳列装置の変化を十分に利用して、生き生きとした雰囲気をもたらします。また、商品の形は可変性を持っています。例えば、服屋さんはモデルを利用して、多彩なイメージを形成します。モデルはよくブティックの主要な構図要素です。

  第三に、商品の色と質感:骨董品、家電の色は暗くて、プラスチック製品とおもちゃの色は鮮やかで、これは室内の設計の色調が引き立て役をすることを求めて、できるだけ商品の色を強調します。また、商品の質感も特定の光と背景の下にこそ魅力が現れます。例えば、ガラスの器の陳列は、その透き通った特色を際立たせ、顧客を引きつけなければなりません。

 第四に、商品の群体と個体:商品は集団で出現するか、それとも個人で出現するかが顧客の購買心に大きな影響を与えます。小さな商品の群れは注目される役割を果たしますが、多すぎる集光は「売れ行きが悪い」との憶測をもたらします。非対称的なグループの扱いが巧みで、「フライング」という印象を与えます。貴重な商品については、陳列数量を厳しく制限してこそ、十分にその価値を表示することができます。グループで出現した商品に対して、室内のデザインは活発で繁栄した雰囲気を備えるべきです。個人で出現した商品に対して、デザインは上品でのびやかな格調を求めるべきです。

  第五に、商品の性格:商品の性格はインテリアデザインのスタイルを決定します。同じファッション店でも、高級婦人服店の清新さや優雅さは、若い普段着店のくつろぎとは違っています。インテリアデザインのスタイルと経営の特色の調和は商品の販売に直接関係しています。

 二、消費者の行動心理と商店の室内設計


第一に、お店に入る消費者の行動と心理

ビジネス心理学は顧客を3つに分類します。①目的のある購入者。彼らは店に入る前にもう目標を持っています。だから、目が集まって、はっきりと歩きます。②選択した買い物者がいます。彼らは商品に対して一定の注意範囲がありますが、他の商品にも注目しています。彼らはゆっくりと歩いていますが、目が集中しています。③目的のない見学者たちは、店に行くことに一定の目標がなく、ゆっくりと足を運び、目を集中させず、行動が不規則である。

店によって受ける三つの顧客の割合は違っています。例えば、薬局の接待の顧客は目的のある買い物者が多く、室内の配置は機能を優先するべきです。お客様は一定の範囲で文房具屋さんや食品屋さんなどの業界を選びます。設計は条理と秩序を重視しなければならない。比較的に買う業界を選んで、例えばブティック、宝石店、おもちゃの店。デザインは空間環境を魅力的にするべきです。追跡調査法によって、異なる種類の店舗内の顧客行動の軌跡を描き、室内デザインに根拠を提供することができる。

消費者が買い物する時の心理活動は自分の需要と客観的な影響の総合的な反映です。私たちの研究の目標は外部環境刺激が顧客に与える影響です。次は消費者購買活動の心理過程のいくつかの段階です。

一般的には、消費者がお店に入って買い物をする時、多くは以上の一連の心理過程を経ます。私たちは商店のインテリアデザインの中で準消費者という一連の心理活動に対応して対策を立てて、彼に順調にショッピング行動を実現させます。

  第二に、過程と視覚心理を認識する。

上記の分析から、一連の心理過程の冒頭は「注意」であることが分かりました。これは商品に一定の刺激強度を持ってこそ感知できるということです。視覚心理学の原理によって、次の対策が取られます。

商品と背景の対比を強める。商店内には各種の視覚情報が多く、人は少数を識別対象として選ぶしかない。視覚心理原理によって、対象と背景の違いが大きくなればなるほど感知されやすくなり、無色彩の背景には色のある物体が見られやすくなり、暗い背景には明るい物体に注意しやすくなります。例えば室内デザインでは暗い色を採用し、低照度照明を行い、投光灯で商品に光を当てる。

  

  • 関連記事

加盟店はどのように仕入れますか?

でたらめを言う
|
2019/10/8 11:08:00
0

開店しやすい長期的な利益を実現できる店にはスキルが必要です。

でたらめを言う
|
2019/10/8 11:06:00
0

匡威日本2019 All Star OX「Wearable Sticker」靴のモデルが発表されました。

でたらめを言う
|
2019/10/5 14:52:00
6834

Atmos Xナイキ連名dunk SB「Safari」配色シューズは2020年発売予定です。

でたらめを言う
|
2019/10/5 13:50:00
6704

Air Max 98 软木塞配色“Next Year”鞋款释出,极富层次感

でたらめを言う
|
2019/10/5 13:49:00
7357
次の文章を読みます

加盟店はどのように仕入れますか?

花月秋&_39;避雷小ヒントに加盟し、正しい加盟方向を示す実用的な文章。服装の商売をしていますが、いい商品ができました。