ホームページ >

コスト上昇で客足が減少アパレル小売業の困難は深刻

2012/6/4 8:52:00 158

衣料品小売業、ブランド衣料品、簡愛衣料品

2012年、国内アパレル業原材料の変動、労働力の緊張、為替レートの上昇、利上げと預金準備率の向上、電力とエネルギー圧力、環境保護、インフレ予想の増加などの原因により、紡績衣料製造業の発展はより多くの抵抗に直面するだろう。同様に、アパレル小売業はコストの上昇、客数の減少などの要素の影響を受けており、困難も重なっている。


 ブランドディーラーの利益は200%から20%に減少


張敬は宿州地区の海爾マンス、ジェーン・アイ、紫淑、積派、新世家族の5つの大ブランド服装といくつかの小ブランド服装の総代理店、そしてすでに経営範囲を淮北に広げて、彼女は宿州服装界で一定の発言権を持っている。


10年前、張敬の最初のブティックがオープンした。あれらの年、ちょうどアパレル業界が盛んな時で、どんな商品を入れても売ることができて、彼女の最初の金もその時掘ったのです。その後、張敬のアパレルビジネスはますます大きくなったが、同時に彼女もストレスを倍増させた。特にここ2年、アパレルビジネスは誰もが知っていることになりにくく、露店が大きければ大きいほど経営が難しくなる。


張敬氏は筆者に、全体の経済は下落しているが、物価は上昇しているが賃金は上昇していないため、市民の購買力は低下し、客数は大幅に低下しているが、店頭賃貸料、人員賃金の増加はアパレル経営コストを急速に上昇させていると述べた。張敬の10年間の賃貸店の支出を計算すると、今年の賃貸料は10年前の20倍以上で、昨年よりも50%前後増加した。店員の給料は5年前は毎月300元で、今年の優秀な店員の半日クラスの給料水準は2000元以上に達した。


今年の衣料品の価格が例年より上昇していることを明らかに感じている人が多いが、実際には利益空間が大幅に縮小している。張敬が経営するブランド服を例にとると、前年の利益は一般的に200%で、このような利益率は確かに耳を熱くしたが、現在はすべての費用を除いて20%未満である。張敬氏は、「現在のブランド服は通常4.5%オフで手に入りますが、以前は2割引、3割引で手に入り、入荷価格は前年よりかなり高くなっていました。商品を持ってきてからは、定価で売ることはできません。みんな割引してください。割引しないと販売できません。多くは新品が発売されたときに8割引、9割引で販売されています。それ以外にも、高在庫の圧力は依然として存在しています。一般的なブランド服仕入れはすべて発注制で、メーカーは最大10%の返品率を与え、売れなくて押しきれない商品は割引処理して資金を回収するしかなく、その時には4割引、5割引の価格が出てきて、そうすればディーラーは損をして商売をしています。


アパレル業界の環境は暗いが、しかし、張敬が経営する「海爾マンス」は「この3年間で業績は16倍に増え、3店舗を出店し、来月にはもう1店舗を新規出店し、淮北まで事業を拡大しています。ヘイルマンズの勢いについて、アパレル経営に精通している張敬氏は、理想的で合理的な経営モデルと優秀な従業員チームを持ち、投資時に商品が現地市場に適応し、困難なアパレルから業界が頭角を現すのも難しいことではない。{page_break}


  私服店の店頭賃貸料が急騰


2012年は、個人のアパレル事業者にとっても、同じように耐えられなかった。桂姉さんは金茂商城でアパレルビジネスを経営して4、5年になりましたが、ここ数年のアパレル業界が年々悪くなっていることに対して、彼女はとても感銘を受けました。


  「現在、衣料品を扱う商圏は非常に増えており、各モール、金茂商城、中山街、裕城花園、市府路、そしてコミュニティの街には、衣料品店があふれている。この業界に参入する人が増えており、競争力も急激に増加している。全市は人口が多いだけで、ケーキ1枚を10人に分けていたが、今は100人に分け、市場のシェアを占めている額が自然に減少するという競争は避けられない」業界内の競争について、桂姉さんはこの問題はまだ扱いやすいと言って、仕入れの時に目を合わせて、地元のお客様のセンスに合う服装を選ぶのは、やはり固定的な客層があるだろう。しかし、ますます増加する経営コストに対して、桂さんはどうすることもできなかった。


  「以前は繁盛していた頃は1日30着まで売れていましたが、今はお客さんが少なくなり、1日でせいぜい7、8着まで売れるようになりました。普通は2、3着ですが、もちろん売り上げが全くないこともあります。利益は昨年に比べて50%ほど減少しました。お客さんも今年の服はどうしてこんなに高いのかと文句を言うことがあります。私たちも仕方がありませんね。以前は地方に仕入れに行って、1着の服の仕入れ価格は大体数十元、今年はどれも100元以上に上昇した。300元で販売されているスカートは、現在の仕入れ価格は200元近く、昨年の毛利は150元前後だったが、今年は100元近くしか稼げない」と話した。今年の衣料品価格について、桂さんは苦汁をなめていたが、仕入れ価格が上がると、小売価格は必ず少し上昇しなければならず、顧客の苦情に対しても仕方がない。


桂さんは、仕入れ価格が上昇し、客数が減少したほか、店頭賃貸料と譲渡費が最もアパレル事業者を悩ませる問題だと告白した。ここ数年は賃貸料が高騰し、譲渡費高騰の風も強まっている。「私のこの間口も30平方メートルぐらいで、4年前の家賃は1年に2万、昨年は4万、今年は5万3千元で、来年はまだ値段が分からない」。桂姉さんによると、金茂商城では、地勢の良い間取りの家は毎年賃貸料が7 ~ 9万に達し、譲渡費が低いのは5万、高いのは10万に達し、賃貸料と譲渡費は1年に1つの価格に達し、さらに上昇する勢いがあり、このままでは、低利益高コストは多くのアパレル経営者を淘汰するだろう。


従来、アパレル事業に従事するには敷居が低く、利益が大きいと考える人が多く、数年前も確かにそうだった。しかし、この2年間、特に今年は、アパレル業界の激しい競争と高コストの投入により、位置付けを正確にすることができずに特色を発揮する多くのアパレル経営者が淘汰された。総合取材によると、国内経済全体の下落、競争力の増大、経営コストの急増はアパレル業界の低迷を招く3つの要因である。特に、回答者が重点的に言及した賃貸料と譲渡費は、アパレル事業者の発展を阻害する最も深刻な問題である。


商業の盛んな発展によって、商業地区の賃貸料は絶えず上昇しており、この増加したコストは必然的に売上高の向上によって補うことを要求しているが、競争は日増しに激しくなり、市場の日増しに飽和しているため、衣料品店の売上高はさらに増加することはほとんど難しい。例えば:筆者は裕城花園の60余平の店で、昨年の賃貸料は2万4で、今年は6万5まで急に上昇し、また7万元の譲渡費が付加されていることを知った。アパレル事業者は開店前から十数万元を投入し、内装や仕入れなどの費用を加えると、1つのアパレル店が開店しても30万元近くかかる。このような高額な費用が投入されると、経営者は当然お金を稼ぎたいと思って、それからコストを商品に割り当てて、商品の小売価格は上昇して、しかし顧客はまた高すぎると思って勘定を買わないで、アパレル店が出荷しないで経営していけないことを招いて、経営者は店を他の人に又貸しするしかなかった。これでは悪循環になり、経営者は儲からず、顧客は安い商品を買えない。この過程で、受益者は1人だけで、大家さんです。大家さんだけが永遠にお金を稼ぐことができます。

  • 関連記事

中国服装協会広発英雄貼る:アパレル業界の模範的な英雄人物を探しています。

ニュース
|
2012/6/2 11:45:00
114

趙普李蜜はカップルのアパレルを着て、手を繋いで低调で鏡を出ます。

ニュース
|
2012/6/2 11:28:00
261

子供服の利潤率はどれぐらいですか?100%を超えましたか?

ニュース
|
2012/6/2 11:13:00
161

中国の服装ブランドの将来の発展傾向:消費者が消費したいブランドを買うことができます。

ニュース
|
2012/6/2 10:57:00
168

順徳は今年制服改革を試みました。保護者は女子学生のために制服ズボンを設計することができるかどうかと提案しています。

ニュース
|
2012/6/2 10:04:00
206
次の文章を読みます

劉凱威カンナの旅は靴を履かないでください。BALLY靴はとても高いです。

多くの人が女优の服饰に目を向けています。彼女たちの周りの男性はほとんど见落とされています。ある人を除いて、それは同じ高贵な刘凯威です。