ホームページ >

日本ブランドJONORが中国皮革週間に初登場

2012/6/7 16:03:00 50

海外ブランド、年間注文会、海寧皮革城

今から6月16日まで、中国皮革、毛皮業界で唯一の専門ファッションウィーク――中国皮革ファッションウィークは浙江省海寧で開催されます。

28の革、毛皮のブランドから2000近いファッションはここで新設計コンセプトの専門発表が行われます。


ちなみに、日本ブランドのJONORはファッションウィークに登場します。これもこのファッションウィークの創設以来、初めて出展しました。

海外ブランド


海寧中国皮革城副総経理のチャガ林氏によると、中国皮革ファッションウィークは2008年創立当初の7つから、今までの28つのブランドは海寧、北京、広州、東北などに広がり、業界に広く認められました。


初出展の海外ブランドの代表として、日本東京からのJONORファッションブランド社長の呉建明氏は、「海寧中国皮革城は世界皮革販売の地位が日増しに顕著になっている。彼はJONOR最新の概念とデザインを日本から海寧に持ち込んで発表し、このブランドの中国進出に対する影響は極めて有益である」と述べました。


海外ブランドが初めて出展するほか、新デザインのコンセプトを打ち出しており、今回のファッションの月曜日のハイライトにもなります。


多くの企業にとって、前の数回のファッションウィークはもっと多くの市場効果に注目しています。

年度発注会

と相まって、視聴者を引き付けるために販売を拡大する目的がある。


今回のファッションウィークについて、複数の出展企業はファッションウィーク中に新しいデザイン概念を発表すると発表しました。


「今回のファッションウィークは中国の最先端、最新トレンドの皮革製品を発売します。

これらのデザインコンセプトは秋冬のトレンドをリードします。」

海寧中国皮革城副社長のチャガリン氏は言う。


ファッションウィークに連続して参加した「思齐の家」社長の斉景偉さんは、ファッションウィークは企業に財産をもたらすと同時に、企業にブランドの未来を深く考えるように促しました。

このため、思齊の家は今回わざわざ8人のデザイナー、版師などからなるチームを構成して、4ヶ月の時間を使って、専門的に百セット以上のブランドの理念を体現する“概念が詰めます”を設計して展示に参加しました。


これに対して、中国ファッションデザイナー協会の副主席、中国美術学院の呉海燕教授は、これは中国皮革のファッション周正と国際が日に日に軌道に乗る態度ですと思っています。


もっと成熟したデザイナーを海寧に入れてこそ、海寧の国際皮革市場での地位を向上させることができます。

呉海燕によると、海寧は皮革産業を発展させて18年になりました。

十年前に、海寧にはデザイナーがいませんでした。

その後の8年間、続々とバージョンアップ師が現れました。管理はまだ混乱しています。

優れた人材を導入して、海寧皮革業の発展の道になります。


また、今回のファッションウィークには

海寧皮革城

「潮領中国18年」というコンセプトを持つ新ロゴも発売される。

本革のマークカップ大赏戦は海寧地区の决胜戦もファッションウィーク中に行われます。

  • 関連記事

革業界は寒波に見舞われ、革新は発展の根本である。

ニュース
|
2012/6/7 15:45:00
35

蒙古族服装服饰艺术节暨蒙古族服装服饰大赛

ニュース
|
2012/6/7 15:14:00
290

2012中国(广东)大学生时装周圆满落幕

ニュース
|
2012/6/7 13:40:00
34

ラグジュアリーな毛皮が流行しています。天津第一回イタリアファッションウィークに登場しました。

ニュース
|
2012/6/7 13:16:00
90

ニット下着セミナー:下着の品質問題に焦点を当てる

ニュース
|
2012/6/7 11:46:00
32
次の文章を読みます

泉州は企業の革新「安踏経験」のコピーを奨励する。

絶えず自主的に革新して、技術改造して、製品の品質を高めて、ブランドを形成して、これは“安踏の経験”で、泉州政府は企業に安踏グループの経験をコピーするように励まします。