ホームページ >

「任意」残業「過労死」どう対処するか

2015/4/20 23:11:00 100

ボランティア、残業、過労死

  • 関連記事

社員は会社の未払いで退職し、解職経済補償を受ける権利があります。

人件費
|
2015/4/20 17:14:00
134

勤務先の授乳期間を調整しますが、女性の方はお断りできますか?

人件費
|
2015/4/19 22:34:00
28

契約書に署名したが、まだ着任していないのは企業の従業員ではない。

人件費
|
2015/4/18 23:02:00
123

単位が一方的に従業員を解雇する場合は,労働組合に通知しなければならない。

人件費
|
2015/4/17 22:49:00
110

双方は退職協議を締結し、損失を給料で償うこと。

人件費
|
2015/4/16 23:48:00
111
次の文章を読みます

破産企業に労働紛争が発生した場合、管理者に告訴することはできません。

人民法院が破産申請を受理すると裁定した場合、同時に管理者を指定しなければならない。第25条第1項第7項の規定に基づき、管理者の職責は債務者を代表して訴訟、仲裁又はその他の法律手続に参加するものであり、紛争事件の被告として訴訟に参加してはならない。