ホームページ >

ネット通販の蚕糸は偽物と疑われ、半年経っても結果が出ていない

2015/10/28 16:48:00 107

ネット通販、シルク布団、権利擁護

伍先生は合肥市の退職教師です。昨年末、彼女は十数人の友人と一緒に、淘宝網「黒狐国際家紡」というネットショップがシルク布団を団体購入した。「当時、業者には2種類の定価がありました。1つは1180元、1つは2580元でした。業者は団体購入のほうがもっと安いと教えてくれました。その後、割引のため、私は200元を使って、1180元のシルク布団を手に入れました」伍先生らは一気に14単を団体購入した。

  シルク布団手に入れた後、伍先生は違和感を感じた。「シルクは軽くて柔らかいのに、どうして私が買ったのはこんなに重いのか」。しかし、これは彼女の警戒心を引き起こしていない。やはり家の老人にシルクをプレゼントした。その後、老人は彼女に、このシルクは保温されていないと言った。伍先生が不審に思っていた時、団体購入に参加した友人は、長江卸売市場で偽のシルク布団を買ったと言った。比較すると、偽の絹糸はネット通販の絹糸と同じ産地であり、包装も同じだ。

今年2月、記者はネット通販のシルク布団を見た。パッケージには「臻品蚕糸被」と書かれ、「江蘇康博グループ波司登寝具有限公司授権生産」と表記されており、メーカーは「南通畳石橋家紡城」、下にメーカーの連絡先電話が印刷されている。

記者が電話をかけたところ、番号は「存在しない」ことが分かった。その後、伍先生は蚕糸布団の一条の内胆を抽出し、火をつけて焼くと、プラスチックの匂いがして、黒煙が立ち込めた。「このシルクには問題があるに違いない」と伍先生は憤慨した。

さらに確認するため、伍先生らは自発的にお金を集め、蚕糸を検査部門に送って検査を行った。安徽省繊維検査局は今年6月9日、検査報告書を発行した。報告書によると、「逸品蚕糸布団」には、充填物の100%が化学繊維であり、蚕糸は少しもない。

「老人に孝行しようとしたが、結局老人を凍らせた」伍先生らは安徽大市場に駆けつけたが、「逸品蚕糸被」を売っている業者は商品源について口を閉ざしていたり、何も知らなかったりした。

失望した時、私たちは家紡城内の多くの店先に「100%蚕糸」の広告が出ていることを発見した。ある店に入ると、店主は絹糸は規格によって数十元から数千元まで様々で、「100元以上の絹糸掛け布団の中には絹糸が入っていないに違いない。詰め物の多くは化学繊維や綿だ。もし本当に100%絹糸なら、1000元を下らない」と紹介した。店主は、「逸品絹糸掛け布団」というブランドを聞いたことがないと言った。伍先生らの権利擁護は非常に難しいと考えている。

その後、伍先生らは収集した資料を海門市場監督管理局三星支局に渡した。支局の沈局長は、メーカー「黒狐国際家庭紡績」という法人の代表名は韓小紅。

「畳石橋家紡城のいくつかのブランドは、地方で登録され、地元で生産されている」と沈局長は言う。彼らは「黒狐国際家紡」がどこにあるのか知らない。「私たちは営業許可証の登録先に行くしかない。そこでそのメーカーを見つけることができれば、調査するのは簡単で、そうしないと難しい」。

沈局長はこの苦情を姜かまど商工所に引き渡した。姜かまど商工所の関係者は調査後、「『黒狐国際家庭紡績』の登録住所は海門で、法人代表の韓小紅の戸籍、常住住所は海門にある。私たちは地域管轄だが、あなたたちは海門市場監督管理局三星支局に反映しなければならない」と述べた。

そこで、伍先生らは再び三星支局に来た。沈局長は電話で韓小紅氏に連絡し、「黒狐国際家紡」の工場は南通市通州区にあり、生産も通州にあることを知った。「それなら、通州の工商行政管理局を探してください」と沈局長は言った。

その後、沈局長は韓小紅を呼んで調整したが、韓小紅は承諾したが、姿を見せなかった。9月、記者は伍先生らと一緒に所属先の南通市商工行政管理局に来た。同局事務所の卞氏の責任者が記者を接待した。担当者は「書面をください。調べてから回していきます」と話しています。

合肥に戻った後、南通市商工行政管理局は伍先生に書面を提供するよう促したことがある。書面で提出した後、まだ返事がありません。記者は南通市商工行政管理局に何度も電話をかけたが、相手はいずれも調査はまだ結果が出ていないと述べた。

2月に伍先生らは南通市畳石橋家紡城に行き、「逸品蚕糸布団」のメーカーは見つからなかったが、偽蚕糸布団は珍しくなかった。

3月に海門市場監督管理局三星支局に苦情を訴えに行ったところ、「黒狐国際家紡」の登録場所と生産場所は検証が必要だと言われた。

4月2回目の海門市場監督管理局三星支局に来て、苦情が姜かまど商工所に移されたことを知った。姜かまど商工所では、「黒狐国際家紡」の登録場所が海門で、担当者が伍先生を帰宅させるなどの情報を伝えられた。1週間以上後、姜かまど商工所によると、この件は海門市場監督管理局三星支局の管轄に帰らなければならないという。

伍先生は3回目に海門市場監督管理局三星支局を訪れ、沈局長は「黒狐家紡」法人代表の韓小紅氏に連絡し、生産地が通州にあることを知り、伍先生を通州工商部門に報告させた。

5月に伍先生らは通州市場監督管理局に連絡し、「黒狐国際家紡」の登録地は海門にあり、海門市場監督管理局三星支局が管轄すべきだと言われた。

6月に鑑定結果を得て、再び海門市場監督管理局三星支局に連絡し、沈局長はまた通州市場監督管理局に「管轄」を押しつけた。

7月に何度も海門市場監督管理局三星支局、姜かまど商工所、通州市場監督管理局に連絡したが、いずれも「私の管理に帰らない」と述べた。

8月~ 9月に上級部門の南通市商工行政管理局に連絡し、同局は調整だけを行い、具体的なことは地方で処理すると述べた。その後、伍先生は要求通りに正式な資料を作成し、同部門に渡した。

10月に資料を出してから、今まで返事をもらっていません。

  


  • 関連記事

税関は小包を押収して海外を封殺して代理購入しますか?上海税関は不実と答えました。

消費権
|
2015/10/20 14:14:00
187

消費権:クレジットカードの決済日以降の返金は返金できません。

消費権
|
2015/10/17 20:47:00
101

電子商取引の虚偽のインサイダー決済方式が絶えずアップグレードされていることを明らかにしました。

消費権
|
2015/10/15 15:03:00
290

銀監会には裸官がいますが、金融監督はどうやって保証されますか?

消費権
|
2015/10/14 16:38:00
267

「偽ブランド品」の偽造レベルはどのくらい高いのか。答えは驚くべきものでした

消費権
|
2015/10/13 14:41:00
160
次の文章を読みます

TOMS 2015秋冬新品発表快適でかっこいい!

先日、TOMSは2015年全シリーズの秋冬新商品を発表しました。TOMSが一貫して素材の快適さとシンプルさを強調しているデザイン理念を踏襲しただけでなく、製品ラインをより大きく豊かにしました。