ホームページ >

グリーン製造、紡績業界は工場の「五化」評価原則を打ち出した

2016/8/18 17:56:00 230

紡績する

グリーン製造を推進することは、現在の国際社会の大きな趨勢となっており、さらに我が国の生態文明建設に必要な道であり、製造強国を実現するための内在的な要求でもある。さらに推進を速めるために紡績業界のエコ文明建設とグリーン発展により、グリーン製造は紡績経済成長の新たなエンジンと国際競争の新たな優位性となり、8月13日、中国紡績工業連合会環境保護・資源節約促進委員会、工業・情報化部電子第5研究所が主催し、仏山市順徳彩輝紡績有限公司が主催する「紡績業界のグリーン工場創出交流シンポジウム」が広東仏山で開催された。

工業・情報化部省エネ・総合利用司副司長高寧、中国紡績工業連合会副会長兼秘書長高勇、顧問楊東輝、副秘書長孫淮浜、工業・情報化部電子第五研究所副所長陳立輝、国家発展改革委員会の資源節約と環境保護司の楊尚宝処長と仏山市順徳彩輝紡績有限公司の李鋒理事長などの関連指導者、専門家、企業代表が今回の活動に参加した。

会議では、より良いために「13、5紡績業界のグリーン発展を推進し、企業の省エネ・排出削減の専門技術に対する指導とサービスを強化し、中紡連環資委と工信部電子五所は今後紡績業界のグリーン製造サービスプラットフォーム、グリーン産業発展訓練基地とグリーン工場の試験モデルなどの協力について『グリーン製造分野戦略協力枠組み協定』に調印し、仏山市順徳彩輝紡績有限公司を紡績業界のグリーン工場として試験ユニットを設立することを決定した。

高勇は中紡連環資委と工信部電子五が展開したグリーン協力及び彩輝公司のグリーン工場建設の試行に対して高く評価した。

彼は「世界の紡績大国として、我が国はせんい加工量は世界の50%以上を占め、輸出額は世界の1/3に達し、世界的に注目される成績を収めた。しかし、生産過程にはまだ一定の汚染が存在し、国が提唱する生態文明理念とはまだ一定の差がある。国はグリーン発展を我が国の「第13次五カ年計画」乃至それ以上の長期発展の重点の一つとし、紡績業界の今後のモデルチェンジ発展のために方向を明示しただけでなく、紡績業界の「第13次五カ年計画」発展の重点でもある。そのため、持続可能な発展を実行し、グリーン製造を実施し、紡績業界にグリーン製造を実施することは紡績業界の持続可能な健全な発展の実現にとって意義が深い」と述べた。

紡績業界は中国のグリーン製造発展の先駆者として、グリーン発展理念がリードしているだけでなく、行動が迅速で、効果が顕著である。

会議では、中紡連環資委は革新的にグリーン工場を工場の集約化、原料の無害化、生産のクリーン化、廃棄物の資源化、エネルギーの低炭素化の「五化」評価原則に基づいて創設すべきだと提案した。

その中で、工場の集約化は主に工場区の建築、施設の合理的な配置に現れ、できるだけ工場の多層設計、下水処理場の立体設計などの方式を採用し、設計の配置は合理的で、工場の建築はグリーン建築の要求(節材、省エネ、節水、資源循環)及び単位面積土地の生産額は同業界の先進的なレベルにあるべきである、原料の無害化は建築、場所、汚水処理施設、駅舎などを含む必要な材料に現れ、その環境影響値、再生可能かどうか、寿命、無毒無害かどうかなどの要素を十分に考慮する、生産浄化は主にグリーン購入、クリーン生産及び立ち後れた技術、技術と装備の淘汰、省エネ・排出削減技術の改造などに体現されている、廃棄物資源化は主にクリーンエネルギーの使用、主なエネルギー使用設備の3級計量管理、エネルギー節約及び高効率利用の実現及び単位製品の総合エネルギー消費は国家、業界或いは地方の限度額の要求に符合し、万元生産額の総合エネルギー消費は同業界の先進レベルに達し、単位生産額の炭素排出量は同業界で先進レベルにあるなど、エネルギーの低炭素化は主に高濃度、低濃度廃水の分質処理、分質再利用に現れ、主要汚染物(COD、アンモニア窒素)の排出は地方あるいは業界標準の要求より優れ、廃水再利用率は40%以上に達した。組織のない排出から組織的な排出、そして管理措置に至るまで、国または地方の排出基準の要求を達成する。排ガス余熱回収、油脂回収など。辺角廃棄物、包装材料、化学品(PVAスラリー、シルクライト淡アルカリ)などの回収利用及び汚泥減量化技術を用いて、無害化処理を行い、できるだけ資源化利用などの方面を行う。

{page_break}

工業・情報化部省エネルギー司の高寧副司長は、「紡績業界は環境敏感型と資源依存型の伝統的な製造業として、グリーン製造工程の実施と密接に関連している。今後5年間は製造強国戦略を実行する重要な時期であり、工業グリーン発展を実現する難関攻略段階でもあり、さらに紡績業界のモデルチェンジ・レベルアップの重要な5年間でもある。グリーン成長を推進し、グリーンニューディールを実施することは世界の主要経済体の共通である選択し、グリーン発展を推進することは国際競争力を高めるための必然的な道である。紡績業界がグリーン製造のモデル業界になり、業界内部の資源環境問題の解決に力を入れ、業界の牽引作用を十分に発揮することを望んでいる。

グリーン発展を実現するために、工業・情報化部もこのほど「工業グリーン発展計画(2016-2020)」を発表した。グリーン製造プロジェクトの組織実施を手掛かりに、グリーン製造を全面的に推進し、伝統的な製造業のグリーン改造のグレードアップを加速させ、新興産業のグリーン発展を積極的にリードし、グリーン製造システムを構築したい、グリーン発展理念を工業全分野の普遍的な要求とし、率先して『メイド・イン・チャイナ2025』のグリーン発展目標を実現するよう努める:2020年までに、単位工業増加値当たり二酸化炭素排出量は2015年より25%減少する見込みで、規模以上の単位工業増加値当たりエネルギー消費量は18%減少する見込みで、1000社のグリーンモデル工場と100社のグリーンモデル園区を建設する。

孫淮浜氏は紡績工業の第13次5カ年計画とグリーン発展の重点方向について説明した。

彼は「三つの関心」を用いて紡績工業の「第13次五カ年計画」の発展計画の基本状況について紹介し、紡績工業の新たな位置づけ、「第13次5カ年計画」期に紡績業界が直面した市場チャンスと「6大重点任」業務と「4大重点プロジェクト」(六大重点任務は:一は科学技術革新レベルを高めること、二はブランド建設を全面的に推進すること、三は生態文明建設を強化すること、四は産業区域の配置を最適化すること、五は企業構造の調整を加速すること、六は多層人材体系を建設することである。四大重点プロジェクトはそれぞれ:知能製造重点プロジェクト、紡績新材料重点プロジェクト、生態文明重点プロジェクト、及び品質とブランド重点プロジェクト)を発表し、この計画は間もなく発表されると表明した。

また、「第13次5カ年計画」期間中、紡績工業はグリーン発展意識をさらに高めると同時に、生産過程のグリーン化改造の実施を加速させ、基礎管理、技術向上、グリーン製造システムの構築を重視し、紡績産業チェーン上の生産企業のグリーン発展の社会的責任を本当に担うことを指摘した。

紡績業界初のグリーン工場の設立試験単位として、仏山市順徳彩輝紡績有限公司は工場建物の集約化、原料の無害化、生産のクリーン化、廃棄物の資源化、エネルギーの低炭素化の原則に基づいてグリーン工場を設立する。グリーン工場が完成した後、ニット捺染業界の省エネ・排出削減新技術の宣伝・普及と育成基地として、そして新技術のためにテスト、アップグレード、改造などの実験場所を提供し、定期的に技術モデル交流活動を展開する。彩輝紡績は2001年に建てられ、主にニット高級生地の加工、シルク光沢、染色後の整理を主とし、シルクコットン後の整理年間生産能力は1万トン以上に達した。長年以来、会社はずっと省エネ・排出削減、低炭素生産経営を目標として、生産した製品は生態紡績品の技術要求に達して、いくつかの指標は甚だしきに至ってはもっと良い(ホルムアルデヒド0含有量など)、相前後してISO 90001:2008、ISO 14001:2004及びOHSAS 28001:2007認証を合格して、そしてOECO-Texを獲得したStandard 100の第1類製品の認証は、業界のグリーン発展の先頭を走っている。

会議では、ゲストはそれぞれグリーン発展理念、グリーン製造システムの建設をめぐって、グリーン製造業界全体のサービスレベルの向上を加速し、紡績工業の「第13次5カ年計画」及びグリーン発展の重点方向及び紡績業界のグリーン工場創設の産業基礎と評価原則について発言し、グリーン製造システムの構築とグリーン工場の建設方法をめぐって、供給側改革に力を入れ、「三品」戦略とグリーン発展戦略を契機に、業界のモデルチェンジとグレードアップを加速し、交流と検討を行った。

「今回の会議の開催は、紡績業界のグリーン発展のために新たなモデルを打ち立てただけでなく、全方面、多角的に紡績グリーン発展の未来と希望を構築し、全業界に『グリーン嵐』を巻き起こすに違いない」と楊東輝氏は述べた。グリーン発展は紡績業界の持続可能な発展を実現する生命線であり、今後も環資委は百万義診、生態文明万里行などの活動を手掛かりに、業界のグリーン転換を加速させる。

  • 関連記事

2015/2016綿紡績業界の成長型優良企業リストを同時に発表する

業界概要
|
2016/8/18 16:43:00
172

下振れ圧力が大きい低位運転は皮革業の新常態となります。

業界概要
|
2016/8/18 15:15:00
160

毛皮加工:転換陣痛の中で「涅槃」

業界概要
|
2016/8/18 14:35:00
188

上半期のブランドアパレル業界は暖かさとレジャーのブランドを迎えて利益が多いです。

業界概要
|
2016/8/18 13:22:00
207

衣料品市場に「四季の風」が吹いて夏の終わり、秋の初めに服を買うブームが起きている

業界概要
|
2016/8/17 18:02:00
241
次の文章を読みます

南通海安紡織業のクラスタが発展する前の5月の課税販売は160億を超えています。

紡績産業の171社の規模以上の企業は合計で税金に応じて369.39億元の販売を実現し、県の工業課税販売の3分の1を占め、共同で紡績、鑫縁の絹、文鳳化繊の3社の企業はいずれも50億元を超え、43社は億元の企業の仲間入りをした。