ホームページ >

ぜいたく消費の罪と罰

2019/6/12 10:12:00 13

ぜいたく品

どの時代でも「ぜいたく」という正名は、いつの時代にも、ぜいたくは道徳的な不名誉と相応しく、「ぜいたく」はある程度技術革新や生産進歩を促したとしても、モラルの突破はしばしば人間の倫理の底を突く。

それでも18世紀の偉大な哲学者デビッド・ヒュームは、ぜいたくの「正名」という文章を書いた。この「粗悪な音」は消費社会のラッパを鳴らし、「物質の欠乏」の時代を創造の活力に満ちたものにした。伝統的な政治経済学はヒュームによって形成された。

二百年以上後、消費社会はすでにボロボロになり、贅沢なものは記号、ラベルとなって、各種の社会秩序の上に貼って、この「物質豊か」な社会を弱さ、力がないようにします。シンボル政治経済学はフランスの思想家ボブデリーで自成していると批判します。

マルクスの前と後、工業社会の誕生の際にいわゆる「後工業社会」(実はすべて消費社会)という二つの異なった政治経済学は、同じ「消費」という人間の行為であり、異なるのは「消費」の背後にある「人」の欲望の満足であり、またどのようにこの欲求の満足を求めるかである。

ヒュームから鮑デリー亜にかけて、贅沢は消費の歴史の中で途方に暮れています。

ぜいたくの名を正す

一七五二年、ヒュームは彼の『政治論文集』の中に『贅沢について』を抛り出しました。他の各編の見解はたちまち英仏哲学者の好評を得ました。しかし、これだけは批判と非難を招きました。

ヒュームは後にタイトルを「芸道の進歩について」に変えましたが、本文は一字も変わっていません。他の紙面にも多少の添削があります。これはヒュームが「ぜいたく」に対する態度が変わっていないということを示しています。

では、ヒュームはどのように贅沢を定義しますか?

「一般的に言えば、贅沢とは、さまざまな体験を楽しむ満足度に大きな改善があることをいう」

「官能的享受」というのは、自然と人間がより良いものを享受し、さらにその中から満足できる精神的な楽しみを得ることができるからです。

このような楽しみは道徳的であることができて、道徳を損なうかもしれなくて、そこでヒュームはやっと“贅沢”を2つに分けます。贅沢は社会の利害と同時に存在して、もし贅沢はもう有害でないならば、それももう有利ではありません。

文明社会は、衣服を隠しきれず、食べきれない社会ではなく、物質が相対的に豊かな社会である。

美食の華服、豪快な家の良馬、金持ちの贅沢な消費は貧しい人に就業の機会を提供して、“クリスマスの食卓の上で1皿のエンドウの豆の必要な苦労、1人の子供の6ヶ月の生活を維持することができます”。

すべての人はすべて自分の労働の成果を享受する権利があって、貧乏人も基本的な物質の資料の満足を得なければならなくて、人、やっと人の人となりの“人間性の尊厳”を感じることができます。

しかし、このような「人間性の尊厳」を大まかに解釈するのは、本意を欠くことであり、この用語はあらゆる世紀にわたって中身が変化し続けている可能性があるので、今日でも「人間は尊厳に生きるべきだ」と言います。

説明しにくいです。ヒュームの言う贅沢は基本生活資料などの物質的満足だけで、階層区分や身分地位などの記号消費の内包がないです。消費過程にも人間の精神的満足が含まれています。この自己満足自体は社会学的な意味で多くの他の機能が含まれています。例えば、誇示的な消費やモスの言う「富を誇る」式の消費などです。

しかし、ヒュームの中の「贅沢」は、より多くのものの「有用性」や使用価値に関連しています。抽象的な記号との関連が少ないです。つまり、ヒュームが獲得した「贅沢」は、技術革新と人間の自己解放の一つの手段に過ぎないようです。

ヒュームが「贅沢」という正名は人間の消費行為を肯定し、スキルの進歩を提唱し、人間性の自己解放を訴えていると考えられます。

「贅沢」は人間のスキルの進歩が必要であるという意味であり、同時に人の他の欲望もこの過程でより多く満たされます。

芸の進歩は文学芸術の成長を生み、人類の様々な能力の目覚めを意味する。

「時代精神はあらゆる芸に影響を与え、人間の心は昏睡から目覚めたら成長し、各方面に自分の才能を示し、各芸を高め、各科学を高める。

無知蒙昧は徹底的に排除され、理性的な人の栄光を享受し、思考と労働の楽しみを享受し、心と肉体を育てる楽しみを享受しています。

18世紀はまだ「心を目覚めさせる」時代であり、思考、労働、身から心までの解放はいずれも「贅沢」の名のもとに現れます。

「悪」は永遠に「善」ではなく、「毒」は永遠に「毒」があるが、もし人間は贅沢な「この毒」に侵食されなければ、怠惰や利己的などの「毒」に侵食され、後者は社会をゾンビに成り果て、水たまりになってしまうだけで、人間性は愚かと盲従のベールの下で輝きを失うだけである。

したがって、ぜいたくや技芸の進歩は、ヒュームの政治経済学における位置を占め、「利益の激情」という駆動力の後にのみ、貪欲と同様に経済社会の前進を促している。

これはまさにヒュームの『贅沢について』の主な観点であり、ルソーとは対照的にアダム・スミスとは大きく違っています。この二人はヒュームと深い付き合いをしている学者です。前者は厳しいバッシングを行い、一緒に贅沢を非難します。

しかし、どちらもこの「毒」の役割を公然と認めていません。ヒュームは、矛盾の多い人間性の一つだと認めました。

消費の早道:信用

それでも、ヒュームは贅沢に賛歌をうたうことはない。マンデビルのように社会秩序を宣伝するのは「悪」、贅沢、貪欲などによって築かれたものではない。歴史家のヒュームとして、信用が消費社会の脆弱性を見ている。信用の裏には将来の消費、ひいては未来への贅沢消費が潜んでいる。

ヒュームの社会信用に対する認識は17世紀、18世紀のヨーロッパの戦時と状況に基づいているが、その観点は現代のちょうどその時の信用社会においては全く時代遅れではない。

国家の収入を担保にして、子孫に借金を返済させるのは今の社会で流行っているやり方ではないですか?公債を発行することは確かに経済の発展を刺激することができますが、一つの国を貧困虚弱な状態に陥れることもできます。信用システムを守るのが疎遠になると、信用は脆い磁器のように崩れ、社会全体が崩壊して、その下に多くの骨を埋めることができます。

数年前のウォール街の信用が膨らんだ災いは、その最たるものだった。

国家が信用を滅ぼすのではなく、信用が国家を滅ぼすという話があった。

社会の信用はもろくて弱いですが、再建することができます。

一つの信用システムが崩壊し、もう一つの信用システムが構築され始めた。

これは、人間の欲望が、信用の再構築を促し、自分のために、信用が逆に欲望を飼いならしていくからです。

18世紀には信用消費がまだ一般的ではなく、人の消費習慣を飼いならしていないというなら、20世紀から今に至るまで、このような非常に豊かに見える消費社会は、消費トレーニングと消費社会に向けた社会的な慣習で行われています。

2008年9月15日、リーマン・ブラザーズロンドン会社の社員が会社を離れました。

ボブデリーアジアは簡単に信用が消費社会における決定的な役割を述べました。

彼は言った

「信用面ではボーナスが付加されており、豊かになる近道であり、『貯蓄などの古い束縛から脱却した』という享楽主義的な品性があります。

しかし、信用は数世代の消費者に対して行われる強制貯蓄と経済計算に向けた社会経済システムの馴化であり、そうでないと生存の中で必要な計画を避けて開発できない消費力になりかねない。

信用は貯蓄を搾取し、需要を調節する訓練プログラムです。有料労働は労働力を搾取し、生産力を増やす合理的なプログラムと同じです。

(ボブデリー:『消費社会』、二〇八年、63ページ)

消費社会は人の欲望に向かって大いに便宜を図っています。あなたの信用で欲しいものを買って、そしてあなたが欲しいものを持って、いろいろな欲望を満足させます。最後に、一生の労働でこの債務を返済してください。

絶えない担保と借金返済の過程で、何代もの消費者を馴らす過程で、信用はやっと後の工業社会の片時も離れない伴侶になりました。

個人は信用を担保に入れることができます。機関や会社も信用を担保にすることができます。国も同様に信用を担保にします。

今は日常生活に溢れているクレジットカード、住宅ローンなどを見てみてください。企業と機関のリスク投資と信用評価、ひいてはある経済システムの中にある主権国家のクレジットシステムは無形の消費能力の「掘削機」の下にありません。

信用は経済社会全体の発展に対する強い刺激作用であることは否めません。貪欲な欲望は信用の承諾のもとで満足され、しかも絶えず深いところに向かって掘り下げられます。同時に獲得したのは技術革新、物質が豊富です。

これは「想像」と「幻」の感化力によって形成された信用経済システムです。

現代人は自分の生命を労働の中の生産に使うことが少なくなりました。自分の需要と福祉に対して生産と持続的な革新を行うためにますます多く使われています。

(「消費社会」、62ページ)

全体の社会経済システムは個人の消費者だけでなく、社会団体と群体の消費者を含めて、逆に全体の社会経済システムそのものを飼いならしました。

交換と消費はこのような経済システムの手なずけと自助化の中で様々な記号、記号に異化している。

ぜいたくのシンボル

現代社会は信用社会であり、贅沢や消費は信用の承諾のもとに拡大されている。

ただ現代の贅沢あるいは消費の内包は経済学の意義の上でそっと変えて、伝統の政治経済学は1種の需要(最も広い意味の上の)、物品と満たす理論に関してで、鮑デリー亜は伝統の理論がすでに記号の政治経済学に換えられたと思って、物品と需要のためにすべて変えました。

「消費の中では、ある種の広い例に向けて品物が変化しています。中には他の言語があり、他の何かが発言しています」「需要の客観的な特徴がより確定しにくくなり、貪欲で飽きがこないので、いつまでも満足できません」(『消費社会』59ページ)。

冷蔵庫などの消費財は、冷蔵のためのロッカーであり、機能を発揮していないぜいたく品であり、利用者の経済力を示す記号であることができます。それは何が重要ではないかということです。

その使用価値と交換価値の論理は明らかに伝統政治経済学では説明できない。

同じように、服飾、美食、住居、代行の道具、言語、文化、科学、宗教及び肉体そのものは、消費理論の中で新しい視点で見る必要があります。

資源の希少性の条件の下で(いわゆる豊かな社会は相対的な豊富さだけで、資源の欠乏と欠乏はところが人類社会の存在の常態です)、“贅沢”はあなたがある“物”を持ったのと等しくなくて、あなたがある記号を持ったのです。

芸術品の競売市場は現代社会の最も典型的なシンボル交換システムを体現しています。

競売会では、芸術作品の審美価値は無視され、否定されたために失われ、経済的な意味での交換価値と象徴価値は自分の地位を失い、シンボル/価値の追従者となりました。

芸術品が競売市場に入るということは、一種の「投資」を意味し、審美機能の重要性は極めてわずかであり、商売の背後に隠れて、贅沢な理性として昇華する。

今日の世界の隅々にある芸術品の競売市場には、このような記号の消費が溢れています。

伝統社会の中で高貴な芸術品は依然として豪華な顔をしていますが、本当の芸術鑑賞は一種の「贅沢」になります。

同じように、メルセデスとチェッタを運転して、シャネルスーツを着て、露店の安物を着て、トップクラスの海辺の別荘と繁華街の小さなマンションに住んでいます。

顕著な階層差別が形成されたイデオロギーは、メディアを介してこの社会秩序を世界の隅々に伝え、アダム・スミが言っている人々の「自分の境遇を改善する」(better one’s own condition)という欲望を刺激し、人間性の中でその目的を達成できる激情を引き出し、「記号」の秩序の中に社会秩序を構築することによって、このイデオロギーを強固にし、再び社会秩序を強固にする。

テレビ、ネット、平面メディアの広告は毎日すべて“誘惑”人の欲望を持っています。“これ”を持って、あなたはどんな地位を持っていますか?

「これ」や「あれ」が何の役に立つかは気にしなくてもいいです。このシンボルの意味だけを持っていればいいです。

ボブデリーアジアは「記号」に対する崇拝と称し、マルクスの商品崇拝によって今の社会を改めて説明しました。「ビクトリー教は実際にシンボル—物と関連しています。物を取り出すと、その実体の存在と歴史が失われ、差異の標識として還元され、差異体系の縮図となります。」

(「符号政治経済学批判」、80ページ)鮑デリー亜の言うように、欲望の満足は実体のものがもたらす快楽の基礎ではなく、体系の基礎の上に築かれている。

欲望の満足と破滅:「贅沢」弁証法

いわゆる後工業社会では、欲望の満足がめまぐるしく変化しています。欲望は絶えず変動し、絶えず消えていき、また生産と革新を続けています。

人々は「このような楽しみを見逃さないでください」、「その体験を見逃さないでください」と絶えず注意されています。様々な美と快楽の名の「デザイン」によって、人体内の欲望を刺激して、そのために様々な代価を払います。

これは経済社会にとっては間違っていませんでした。まさにその「見えない手」の導きのようです。間違ったのは人の欲望が満足しているからです。

久遠の18世紀に、ヒュームは人の幸福が3つの方面に体現していると言います。すなわち「労働、娯楽と暇」です。3つは異なった割合で混合してこそ、幸福の統一体を見つけられます。

欲望の無限膨張は、この趣をすっかり壊してしまったようだ。

欲望は人々に絶えず労働を促して、人々に労働の成果を享受するように促して、しばらくの楽しみの後で次の労働の中に入ります。

労働の達成感は瞬く間に消え、娯楽は薄味となり、余暇は欲に支配されていた。

人は啓蒙の時代から自ら解放されてきたが、現代社会ではますます束縛されている。

欲望は「自由」に満たされるのではなく、価値の透明性ではなく、価値の不透明さの中にあるとボブデリー亜さんは言う。

これは欲望のお札です。この欲望はゲームのルールを回復するために必要です。これらのルールが必要です。

欲望がもたらすルールこそ、欲望が満たされた视界にこそ、社会秩序が筑かれる。

社会秩序は自分自身を再生産するために拝物教化された転覆秩序(欲求の満足)と結びついている(『符号政治経済学批判』211ページ)。

そこで、人は自己の欲求を満たすと同時に、欲望を破壊する満足感もあります。人は贅沢品の消費の中で快楽と幸福を得るべきです。技術の進歩の中で人間性の向上と解放を感じて、その過程で人間性の完璧さと完璧さに向かいます。

なぜここまで来たのですか

十八世紀のヒュームはもちろん後の工業社会の消費主義を予測することができませんでしたが、彼の人間性からの教えは今のところ時代遅れとは言えません。

欲張りはもともと人間の天性であり、勤勉の鞭でもあります。もし「悪」の贅沢を禁止すれば、人間性の中の怠惰と無関心を治療しないで、勤勉と進歩は贅沢と同時に消えてしまいます。人間性には悪があります。良い教養だけが人に尊重を覚えさせ、謹慎に克制し、学んで「優雅な士」になります。

善と悪のバランスと比較の中で、贅沢と消費の積極的な影響のもとで、自らを解放してほしいという願いが込められています。

二十世紀の鮑デリー亜は直接消費から出発し、物から人の主人である奴隷との関係を明らかにし、符号政治経済学を批判した。

ヒュームの時代に、人間性は矛盾に満ちていますが、少なくとも人間はまだ完全に物の奴隷になっていません。その時、消費社会は盛んになりました。

この巨大な魔力の下、人間性のすべてが物の奴隷と化していた――その時消費社会は正当だった。

確かに、今の批判の領域は消費の「異化」に対する批判に欠けていますが、これまでの宿題は、「異化」以前の消費とぜいたくがどうだったかを探るべきです。

消費社会の贅沢弁証法批判は一つの道かもしれない。

  • 関連記事

浙江龍盛(600352):延期回答質問状

ファブリック
|
2019/6/12 10:12:00
38

綿相場は下がり続けています。一部の紡績企業は注文なしでもう休みになりました。

ファブリック
|
2019/6/12 10:12:00
20

*STカムリ(002072):王健増持計画完成累計528万株増

ファブリック
|
2019/6/12 10:12:00
21

天津港保税区は手をつないで紡績グループを作って紡績工業園の発展「進級版」を作ります。

ファブリック
|
2019/6/12 9:56:00
29

紡績現場の従業員の賃金調査:普遍的な三四千、少数は万を超えます。

ファブリック
|
2019/6/12 9:56:00
156
次の文章を読みます

個人用の靴炒めは2年で30万元も稼いでいます。ファンのお金は本当に儲かります。

報道によると、靴炒めのプレーヤーは普通は二つの種類に分けられています。一つは公式ルートを通じて靴を奪い、市場で販売して利益を得ている個人経営者です。もう一つは大量に掃除することによってです。