ホームページ >

「比べてみないと傷つかない」、女性上場企業2019年3月期の営利ランキング

2019/11/8 10:23:00 13

婦人服、上場企業、2019、第3四半期報、


ほとんどの衣料品上場会社は2019年3月期報を順次発表しており、この雑誌の記者はそのうち10社の婦人服上場企業の売上高、純利益状況を整理している。この10社の婦人服上場企業の中で、歌力思、安正ファッション、地素ファッションが営収と純利のダブル増加を実現し、ラシャベル、維格娜糸、日播ファッションが“霜降”に遭遇した。


売上高の面から見ると、オルドスは婦人服上場会社の中で唯一の売上高が100%を突破した企業で、166.15億元で遥かにリードしていますが、売上高は前年比の下落幅も10.96%に達しています。ラシャベル、太平鳥は57.57億元、50.03億元で第二、第三位にランクしています。

安正のファッション売上高の伸びは54.13%に達し、利益の増加は主に主要営業業務の伸びと礼尚情報業務の急速な成長などの要因によるものである(礼尚情報が国内外の有名ブランドを運営するのは20以上で、上半期の売上高は3.64億元で、同21.33%増)。会社は半年前に発表した時、ネット販売に対する投入を増やし、マイクロ商城を建設し、オンライン、オフラインの同項の上場と販売を実現したと発表しました。その中、上半期の服装類のオンライン販売は1.62億元に達し、同40.91%伸び、第3四半期はこの傾向を続けました。現在、会社の第3四半期のオンライン販売累計はすでに8.70億元に達し、会社の売上高の48.66%を占めています。第三四半期報を発表した後、安正ファッションによると、高エンドラインの製品が成熟して安定した後、第二線都市の主流商圏の配置を大きくし、製品価格帯が広くなった後、一部のブランドが三四線都市の多段阶に落ち込んで発展するという。

地素ファッションの売上高の伸びも著しいです。会社は研究開発の投入力を強めています。第三四半期の研究開発の投入は4881万元に達しています。注目に値するのは、地素ファッション傘下の4大ブランドはいずれも明るい目で表現しており、直営小売改革は効果的で、全ブランド会員を通じてVIPユーザー体験を向上させる。市場が低迷している中で、地素ファッションは何の勢いで増加しているのですか?


純利益については、オルドス、如意集団と安正ファッションは二桁の成長を維持していますが、ラシャベル、日播ファッション、ビッグナ糸、太平鳥と朗姿株式はマイナス成長を示しています。本誌は以前に女装の上場会社の2019年半の年報を整理したことがあります。当時のラシャベルは日本のファッションの純利益と比べて-311.2%、-188.9%で、現在の3期報によると、日播のファッションは103.71%に減少しています。一方、ラシャベルは-444.69%で最下位となりました。

「幸せな家庭は似ています。不幸な家庭はそれぞれ不幸です」ということわざがありますが、これは上場企業と同じように使われています。上記の数社の最下位順位の企業を分析すると、損失の要因はそれぞれ違っています。

当期純利益の「崩壊」のような下落状況について、サマーベルは、季節品を消化したことで売上高が減少し、継続的な閉店費用がかかり、新たなリース基準の影響で費用が増加したという十分な説明を示しました。非難されているデザインが似ている、デザインが単一であるなどの問題には触れていません。日放送のファッションは、前四半期の会社のPERSONAL POINT、CRZブランドはまだ調整期間にあり、店舗数は前年同期の純減66社で、収入は大幅に下落した。また、MUCHELL、broadcute子供服の店舗が続々とオープンし、報告期間内の収入とコストが大幅に上昇した。

2016年から2018年までの営利双収の喜ばしい局面に比べ、朗姿株式は現在、その「汎ファッション産業連携生態圏」の戦略的影響を受けて、表現力がない。ある分析によると、朗姿株式の最大のリスクは日増しに重くなる医美業務にある。グループの売上構成では、2016年の6.25%から2018年の18.01%に医学美版が占め、売上4.8億元を実現し、グループに純利益2752万元を貢献した。しかし、傘下の医美会社は医療事故や紛争、広告違反などの問題が頻発しており、多くのリスクや問題を隠しています。

太平鳥は公告の中で、直営店の数の増加とブランドの宣伝投入の増加の影響で、純利益などの指標は同時期と比べて依然として下落しているが、2019年半の業績減少幅にはすでに縮小されている。第3四半期の報告期末までに、太平鳥線下門店の浄関店は156軒、店舗数は4438軒、直営店は1625軒、加盟店は2807軒、連営店は6軒である。業界関係者によると、太平鳥の直営店は黒字を維持しているが、直営店の運営コストが高いため、太平鳥に経営圧力を与え、全体の経営発展を牽引するという。

2017年、ヴィグナは「蛇喰象」としてTeenie Weenieを買収し、営利の暴騰をもたらしたが、2019年第1四半期の業績において、会社の営利は大幅に下落した。第3四半期の新聞では、主ブランドのヴィーグナスの売上高は5.5%から5.9億元に下落し、Teenie Weenieの業務実績は予想を下回り、収入は6.98%から12.75億元に下落した。標的薬がないという合併、消化、統合による「不良反応」が続いています。
  • 関連記事

あるいは世界の半分の人に影響して、紡績業の構造は変えます!

毎日のトップ
|
2019/11/8 10:23:00
12

ICAC:消費者の信頼感の低下は綿の消費と貿易を遅らせることになります。

毎日のトップ
|
2019/11/8 9:51:00
3

恒遠化繊は東華大学と「産学研協力協議」を締結します。

毎日のトップ
|
2019/11/8 9:50:00
9

繊維のサプライチェーンを最適化して改善し、「一帯一路東方直採」円卓フォーラムが上海で開催されました。

毎日のトップ
|
2019/11/7 11:20:00
11

高勇:紡績非遺伝承を開いて新時代を発展させる

毎日のトップ
|
2019/11/7 10:39:00
5
次の文章を読みます

総金額は125億ドルで、万博に参加して恒力で複数のプロジェクトを契約します。

昨日は第二回中国国際輸入博覧会で、恒力グループとサウジアラビア石油会社などの多国籍です。