ホームページ >

イタリアファッション工業連合会は、労働組合と安全保障議定書を締結する。

2020/4/28 18:08:00 0

イタリア、ファッション産業連合会、労働組合組織

長期的な交渉を経て、イタリアファッション工業連合会(Confindustria Moda)はイタリアの労働組合と安全保証協定書を締結しました。3月末以来、停止状態にあるファッションや織物のサプライチェーンの早期再開を目指しています。

イタリアファッション工業連合会が全国の各組合組織(Femca-CSISl、Filctem-gil、Uiltec-Uil)と締結したこの議定書は、衛生当局の法規を基準に、最も厳格な衛生安全保障基準を遵守し、企業に大量の資源を投入し、生産基地の衛生安全を確保するよう要求しています。

その中には一部の要求が含まれています。社員はピークを外れて出勤しなければならないので、企業は十分な数量のマスクを提供しなければなりません。出勤途中に個人保護措置を取ることを提案します。会議と内部活動はキャンセルされます。企業レベルでの出張も最低になります。従業員間の安全距離を確保できない場合、すべての防護装置を備えなければなりません。

イタリアファッション工業連合会の会長兼HernoグループのCEO Claudio Markenzi氏は、「復職は一刻も猶予できない。イタリアの50%の企業は倒産の危険に直面している。特に中小企業は」と話しています。

協定書はすでに調印しましたが、復員にはイタリア政府の承認が必要です。これに先立ち、イタリアのコンター首相は5月2日まで封鎖を延長すると発表しました。

Markenziは、ファッション業界の休業は、100万人以上の人々が収入源を失うことと、数百億ユーロの税収損失を意味していると述べた。イタリアのファッション産業チェーンは6.5万社以上の企業を含み、全部で58万人以上の従業員を雇用し、総売上高は950億ユーロを超えています。各休業中の中小企業は外国の競争者に取って代わる可能性がある。このイタリア第二の製造業と貿易黒字の主要貢献者には計り知れない損害を与えました。

Filctem Cgil労働組合の秘書Sonia Paoloniは、この議定書はイタリアファッション工業連合会と各組合の関係を強化し、その後制定された業界保護と政策文書の再起動に基礎を築いたと述べた。このような不確実性に満ちた時期に、困難が重なっても、手を携えて経済システムを再起動し、イタリアの製造業を保護する正しいやり方です。

  • 関連記事

2020年1~3月の全国規模以上の工業企業の利益は36.7%減少した。

ファブリック
|
2020/4/28 14:34:00
2

2020年3月の我が国の紗、布、化繊の生産量統計

ファブリック
|
2020/4/28 14:34:00
2

工業情報部は「紡績紡績糸毛羽測定方法投影計数法」など45項目の紡績業界標準を承認した。

ファブリック
|
2020/4/28 13:00:00
181

外国貿易企業のモデルチェンジ「内功」の国内販売市場は、まず回復する見込みです(2020年4月20-24日)

ファブリック
|
2020/4/28 13:00:00
160

嘉化エネルギー(600273):第一四半期の純利益は28.37%から2.43億元に下がった。

ファブリック
|
2020/4/28 10:28:00
140
次の文章を読みます

富潤紡織環境保護ポリエステル製品は全種類GRSに認証されました。

疫病の影響を克服し、国内外の市場の需要を満たすため、浙江富潤紡織有限公司が生産した環境保護洗浄