ホームページ >

「一帯一路」を共同建設してこの「黄金路」を飾る

2023/11/2 22:41:00 53

ゴールデンロード

浙江省紹興柯橋城区に出入りする道路には、生地を満載したトラックが流れている。引き込まれた白い布は、運び出す時に色とりどりに染まっていた。人々の美しい生活を彩るこれらの「色」は、7割以上が「一帯一路」国家の共同建設に向かっている。

  はこのほど北京で開催された第3回「一帯一路」国際協力サミットフォーラムで、「一帯一路」共同建設構想の盛んな生命力、凝集力、影響力を世界に示した。10年来、「一帯一路」の共同建設構想は柯橋紡績産業を深く変え、「国際紡績都」が織り上げた美しい錦繍は、「一帯一路」の共同建設の大きな成果を収めた生き生きとした注釈となった。

  11月3日、第6回中国紡績業「一帯一路」大会が柯橋で開催される。大会は「世界紡績協力の新たな未来を共に創造する」(Weaving the shared new future)をテーマに、紡績業界が「一帯一路」の共同建設に参加した10年間の成功経験を総括し、世界紡績産業協力の新たな成長点を掘り起こす。

 共同建設「一帯一路」の国では注文が多くなり、顧客をもてなすメニューも変わった

  6年前、トルクメニスタンのある顧客がコー橋軽紡績城に入り、浙江布創紡績集団有限公司の店舗に入った。その面会後、布創グループの銭水江社長はトルクメニスタンに視察に出発し、持ち帰った注文書は「1回に少なくとも1つのコンテナを出荷し、最大で1回に数十万メートルの生地がある」と述べた。

  その後、布創集団は年間500万人以上の中央アジア諸国の人造綿に送り、最高時の総延長は2000万メートルを超え、1人当たり4メートルだった。

  布創集団が生産した人造綿は女性の部屋着によく使われ、主に「一帯一路」国家の共同建設に販売されている。「例えばバングラデシュの大規模な生地卸売市場では、2階の数十店が一時的にすべて私たちのものになった…」と銭水江氏は記者に語った。

  「地球について行けば、永遠に太陽の光がある」と銭水江は言った。「どこに消費者の需要があるのか、どこに市場があるのか」彼は手当たり次第に生地を手に取って例を挙げた。「この生地は暑いところに適しているが、地球が回っていると、いつも市場を見つけることができる。さらに、この布は冬の服に使えるのか。それには企業自身が市場を開拓する必要がある」。

  氏は、「『一帯一路』国家市場の共同建設を過小評価してはならない。布創グループが輸出している製品のうち、ミドル・ハイエンドが約半分を占めている」と注意した。

  捺染は紡績アパレル産業の上流である。浙江省捺染業界協会会長、紹興海通捺染有限公司の李伝海董事長は記者団に対し、今年の捺染企業の受注は昨年より増加し、そのうち南米、中東、アフリカなどの地域で「一帯一路」国家建設の受注が功を奏したと伝えた。

  李伝海氏のまとめによると、過去10年、柯橋布商は「千辛万苦をなめ尽くし、千言万語を語り尽くし、千山万水を歩き、あらゆる手を尽くしたい」という「四千精神」によって、「世界に広がる」柯橋の道を歩み出した。その中で、「一帯一路」を共同で建設した国との貿易額は年平均15%以上の増加率を維持している。

  コーブリッジ区最大の紡績生地輸出企業として、浙江凡特思国際貿易有限公司の年間輸出額は約3億ドルで、その中で「一帯一路」を共同で建設した国家市場の比重は過去の3、40%から現在の半分以上に上昇した。

  「ここ数年、『一帯一路』を共同で建設する国の注文が多くなり、お客様をもてなすメニューが変わった」とファンタスクの傅光恗(フー・グァンヒ)会長は、「もともと欧米のお客様が好きだったハンバーガーやバーベキューは、中央アジア料理、アフリカ料理に変更された」とイメージした。

  柯橋区商務局のデータによると、第3四半期、柯橋は「一帯一路」共同建設に向けた国の輸出総額は635億元で、前年同期比12.9%増加し、全国平均をはるかに上回った。

  「今はコーブリッジと『一帯一路』国家商業貿易交流協力の共同建設の黄金期だ」と傅光怿氏は判断した。

 研究開発設計の「根の塊」が残り、紡績捺染の「つる」が伸びていく

  は10カ国以上を実地調査した後、魏長軍は最終的にエチオピアに工場を設置した。

  この46歳の江西人は浙江ミナ紡績有限会社の社長で、コーブリッジの数千の布商の中で経営規模は大きくないが、アフリカ北東部のエチオピアでは有名だ。

  2011年、魏長は軍用で対外貿易で稼いだ資金を作り、エチオピアの首都アディスアベバ近くの紡績工場を買収した。3年後、彼はまたここに捺染工場を設立した。最近では、アパレル工場を建設し、紡績-捺染-アパレル産業チェーンを構築する予定だ。2019年以来、ミナ紡績は現地で累計2億元の税金を納め、エチオピア納税金賞を毎年受賞している。

  現在、ミナ紡績は現地の捺染工場で毎日18万メートル近くの布を生産し、エチオピアや周辺国、トルコ、イタリアなどのヨーロッパ市場に供給している。

  10年以上経っても、魏長軍はエチオピアを見据え、ここが「アフリカの紡績服装センター」になると認定した。アフリカの人口第2位の大国として、広大な市場と十分な労働力、比較的安い電気料金に加えて、多くの中国紡績企業が立地に訪れている。

  多くの人が考えているのとは異なり、ミナ紡績がエチオピアに「搬入」したのは、国内で淘汰された機械ではなく、国際一流の新しい設備だった。汚水処理設備だけでも1400万元を投入し、欧州標準設計を参照して、1日2500トンの汚水を処理する。

  「産業チェーンを国外に延伸することは、汚染をもたらすことではない」と魏長軍は強調した。「私たちは長期に目を向け、短い『ハンマー商売』をしない」。

  ミナ紡績はエチオピアに紡績、捺染の配置をすると同時に、研究開発設計をコー橋に残した。サツマイモが根茎を地面に突き刺し、つるを四方八方に伸ばすようなものだ。このような一時的で開放的な発展形態は「サツマイモ経済」と呼ばれている。

  魏長軍はイメージ的に例えた:産業セットがまだ完全ではないため、エチオピアの紡績産業は「米」「パン」しか生産できないが、「ダック」「上海蟹」は柯橋で研究開発、製作するしかない。

  「一帯一路」に沿ってビジネスチャンスを探しているのはミナ紡績だけではない。10年間、柯橋紡績捺染企業が海に出て、「千山万水を渡り歩き、千億の輸出に勝つ」という美談を共同で書いた。

  2017年、紹興木林盛紡績貿易公司はインドネシアに捺染工場を設立し、近年、企業の粗利益は30%以上を維持している。黄勇社長によると、同社の輸出注文の80%以上は「一帯一路」を共同で建設した国から来ており、売上高が長年にわたって15%以上の成長を実現したことに大きな功績を挙げた。

  「将来、トルコ、エジプトにも工場を建設するつもりだ」と黄勇は言った。

  「ここ数年、多くの柯橋同業者が『一帯一路』国家の共同建設に根を下ろしている。私も息子をエジプトに派遣して考察した」李伝海氏は、「一帯一路」国家の共同建設は人件費、工場賃貸料、産業政策などの面で比較的優位を持っている。しかし、「方法はいつも困難よりも多く、『外に出て戦う』のは柯橋紡織人の骨に刻まれている」。

  「見えない」「聞こえない」細分化された市場を作る

  外に出て工場を配置する以外に、多くの柯橋布商は「一帯一路」国家の細分市場を深く耕し、共同で建設し、同様に足場を固めた。

  浙江璟俊紡績品有限公司は、「見えない場所」で模様を作り、ついに市場に「見られる」ようになり、製品が売れて「一帯一路」国家を建設した。

  「見えないところ」とは裏材のこと。50歳未満の施建海氏は、20年前にある外国人が高品質の裏材を集中的に注文したことを回想しており、裏材には大きな市場が隠されている可能性があることに鋭敏に気づいた。

  裏材は最も体に近い部分であり、保温、透過防止、着脱の滑りなどの作用があり、高級な服装は裏材に対して高い需要を持っている。

  これから、璟俊紡績は裏材に集中して文章を作る--元の単一ポリエステルを肌に優しいレーヨン、綿などの材料に変更する、市場や季節に応じて、さまざまな機能性素材を発売する……原料から花色まで、璟俊紡績は「里子」を有名にした。

  共同建設の「一帯一路」構想は10年来、璟俊紡績の裏材が出海を加速させ、最高の年は6000万元の輸出額を創出することを提案した。「今、私たちの里料といえば、業界内で知らない人は少ないはずです」と施建海は自信たっぷりに言った。

柯橋中紡績ビルで機能性アウトドア弾性生地を主攻する楊世紡績品有限公司は最近、「静音生地」によって業界内で少なからぬ動きを引き起こし、「一帯一路」共同建設のための国家市場の注文を多く収穫した。

  「静音生地は使用中、摩擦の音は通常の生地の3分の1しかなく、呼吸音と同等で、狩猟時に着用するのに適していた」楊世紡績製品研究開発ディレクターの張斌氏は、数年前、音のない生地を歩くことを提案した顧客がいたが、見つからなかったと回想している。前端の原料から後端の捺染まで、張斌は絶えず試験し、ついに硬骨骨をかじった。

  2006年に楊世紡績が設立された時、主力製品はなかった。その年の3月、海外のアウトドアブランドのために突撃衣を生産していたある客商が楊世紡績を探して生地を注文した。これは張斌に「インスピレーション」を与えた:海外ではアウトドアスポーツが興っていたが、国内の布商はハードシェル生地しか提供しておらず、ソフトシェルの弾力生地は少なかった。このビジネスチャンスを見定めた張斌氏は、「非アウトドアストレッチ生地は作らない」ことにした。

  「我々の強みは新材料の応用にあるが、柯橋の完備した紡績産業チェーンは、より短時間で必要な新材料を見つけることができるようにしている」と張斌氏は言う。

  これまで、楊世紡績は各種防水、速乾、通気、透湿などの異なる機能を持つアウトドア弾性生地を持っており、スキー、速乾日焼け止め、アウトドアツール、ソフトシェルパンチ、潮流運動など5大シリーズ300種類以上の製品に応用されており、目がくらむ。

  今年、楊世紡績の売上高は前年の約2倍に達する見込みで、主に東南アジア、中央アジアからの「一帯一路」共同建設国家市場の成長が期待されている。次に、張斌氏は東南アジアや中央アジアに支社を設立する予定だ。

  過去10年、「一帯一路」共同建設構想はかつてない活力と潜在力を爆発させ、いくつかの柯橋布商は「一帯一路」共同建設国家市場のチャンスを奪い、布の栄光と夢を書いた。次の10年、「国際紡績都」がどのように新たな伝奇を書き続けるのか、期待に値する。(張典標記者)

  (出所:新華毎日電訊)

  • 関連記事

商務部:バングラデシュのアパレルメーカーの紡績ドル不足でバングラデシュの外貨準備高がさらに圧迫

ニュース
|
2023/11/2 22:39:00
39

注目2023紡績科学と工学専門ランキング発表

ニュース
|
2023/10/31 18:07:00
48

業界速報:2023中家紡績団標準委員会年次総会開催

ニュース
|
2023/10/30 20:51:00
99

中国織物商業協会のレリーミン会長がドイツのデュッセルドルフ市長を表敬訪問

ニュース
|
2023/10/30 19:04:00
44

無形遺産文化:香雲紗文化伝承と革新フォーラムが北京で開催

ニュース
|
2023/10/30 19:02:00
49
次の文章を読みます

淄川服装城の季節の秋冬モデルの販売はすべてとても良いです

「季節の変わり目は時間と戦うことです。午前11時半前、私たちは300点以上の品物を発送しました。これは昼食を食べて、午後は品物を整理しなければなりません」10