ホームページ >

景気回復9月の製造業PMIは前月比0.3ポイント上昇した。

2019/9/30 15:46:00 2

製造業

9月の製造業の景気は予想を上回った。9月30日、国家統計局が発表したデータによると、9月の製造業PMIは49.8%で、前月より0.3ポイント上昇した。これに対して、国家統計局のサービス業調査センターの高級統計師の趙慶河氏は、「まだ栄枯線以下だが、全体の景気は前月より改善している」と述べました。

趙慶河氏は、今月の製造業PMI指数は主に5つの特徴を示しており、その中で生産需要が双重拡張、対外貿易の状況が改善され、ハイテク製造業が持続的に拡大し、大、中、小企業の景気もある程度回復しつつあると指摘した。

9月に入り、生産需要が二重に拡大します。このうち、新注文指数は50.5%で、前月比0.8ポイント上昇し、5月以来初めて拡張区間に上昇しました。生産活動も加速し、生産指数は52.3%で、前月比0.4ポイント上昇しました。その中、農業副食品加工、紡織服装、専用設備、電気機械器具などの製造業生産指数は55.0%以上の高い景気区間にあります。

一方、原材料在庫指数、従業員指数、サプライヤー配送時間指数は依然として47.6%、47%、50.5%で栄枯線上に浮動しているが、前月より0.1、0.1、0.2ポイント上昇している。

8月には、企業の単月の在庫や台風などの極端な天候の影響で、工業生産は緩やかになりました。9月に入り、天候の影響が弱まり、特定項目債の発行はインフラ投資の需要を加速し、住民商品の消費需要を重ねても安定しており、全体の工業品需要が改善されました。万宏源マクロ研究報の分析によると。

輸出入については、今月は新たに増加し、輸出注文指数はそれぞれ47.1%と48.2%で収縮区間にありますが、前月よりそれぞれ0.4%と0.1ポイント上昇しました。

今年の前の8ヶ月の対外貿易のデータから見て、我が国の貨物貿易の輸出入の総額は同3.6%増加しました。中国国際貿易促進委員会の趙萍研究員によると、これは現在世界経済の下り坂で、各国貿易保護主義の情緒が台頭している状況下で、すでにいい成績だという。

その中で、労働集約型産業が集まっている民間企業の当月の輸出入総額は11.2%増加しています。また、「一帯一路」沿線の国は我が国の輸出入貿易データのプラス成長態勢にあり、中米貿易摩擦に対して一定の程度のマイナス影響を与えています。

注意に値するのは、製造業の転換とアップグレードの兆しが日増しに鮮明になっていることです。9月には高技術製造業が拡大を続け、PMI指数は51.3%で製造業PMI全体の1.5ポイントを上回り、8カ月連続で51.0%以上の景気拡大区間にある。その中で、医薬、電気機械器具などの製造業は拡大が早いです。

需要状況から見ると、ハイテク製造業の新受注指数は53.3%で、前月比0.9ポイント上昇し、市場予想は好調だった。

同時に、企業側も景気は上向きになっています。大、中、小企業のPMI指数はそれぞれ50.8%、48.6%と48.8%で、いずれも前月より0.4、0.4、0.2ポイント上昇しました。このうち、大、中、小企業の生産指数はいずれも上昇しており、今月はすべて拡張区間にある。

「9月には大手企業の景気が上昇し、中型企業の景気収縮が初めて緩和され、中小企業の景気収縮が2カ月連続で緩和された」。投資証券のマクロ経済アナリスト、謝亜軒氏は、上手に述べた。

華泰証券研究所の報告はさらに次のように補足しました。今後の全体的なPMIサイクルは継続的に下り圧力が限られ、収益見通しは引き続き修復の傾向が見られますが、小微企業は改善にはまだ時間がかかります。

趙慶河氏によると、現在は多くの支援実体経済発展措置が相次いで着地し、企業の信頼が高まっている。製造業企業の生産経営活動予想指数は前月比1.1ポイント上昇し、54.4%に達し、第3四半期の高値となった。

最近、重要な会議が頻繁に「六安定」の信号を出しています。8月17日に続いて、中央銀行が「利率統一軌道」を宣言した後、9月4日には、国常会はさらに精確な施策を展開し、力を入れて「六安定」の仕事をしっかりと行い、特別な特別債務をうまく配置し、有効な投資を形成する。会議では、実際の金利水準を下げる措置を加速させ、金融の実体経済、とりわけ中小企業への支援を強化することを強調した。9月6日、中央銀行は9月16日から全面的に基準を引き下げ、さらに国常会の配置を実施すると発表した。

次のステップについて、謝亜軒、上手に指摘しています。製造業PMIはまだ収縮区間にありますが、PPIはデフレ区間に入り、工業企業の利益累計増加速度は依然としてマイナス値になります。しかし、8月以降の反周期調整の限界が見えてきて、景気は底をつきそうです。現在、9月の製造業PMIはすでに底が見えて安定している特徴があります。その次に、工業製品の在庫サイクルが底をつき、PPIの回復を目指します。総合的に考えてみると、工業企業の利益は累計増速してプラスになり、製造業PMI駅の栄枯線の予想時期は11月から10月に繰り上げられます。

  • 関連記事

国を挙げて祝うファッションとあなたが探している詩と遠方!

ニュース
|
2019/9/30 8:54:00
0

中米貿易交渉の最新情報交渉は順調ですか?

ニュース
|
2019/9/30 8:40:00
2

紡織服装国際協同革新管理フォーラムは柯橋で開催されます。

ニュース
|
2019/9/30 8:04:00
0

をテーマにした著作権保護フォーラムで産業の新しい動向を探る。

ニュース
|
2019/9/28 19:32:00
0

新しい時代と紡績業界の従業員の職業技能コンテストが今日開幕します。

ニュース
|
2019/9/28 19:31:00
28
次の文章を読みます

EU標準:ドイツ海恩斯坦OEKO-TAEX®認証は消費者の安全を保障する。

EUは消費者の権益と安全を非常に重視し、厳格な消費者保護政策を制定し、EUの範を確保する。