ホームページ >

国際観察:なぜ10月に綿の輸入がまた爆発しますか?

2020/11/28 0:46:00 0

国際、観察、コットン

税関の統計によると、10月の中国の輸入綿は20.81万トンで、前月より1%減少しましたが、前年同期比185%増加しました。2020年1~10月の中国の累計輸入綿は約161万トンで、前年同期比1.1%増加しました。

具体的に見ると、10月の米綿、ブラジル綿、インド綿、西アフリカ綿、烏綿などは依然として輸入の前列に並んでいます。2018/19、2019/21年度の米綿の輸入量は当月の輸入総量の50%以上を占めています。また、M級及び以上、1-1/8及び以上の中高級、品質の高い綿資源を主としています。

注意すべきなのは、10月にインド綿を輸入する(CCIの輪を含む資源)は8月と9月に比較的に明らかな回復傾向を呈していますが、ブラジル綿は基差のためにもう一回、また三の引き上げと港の保税、現物資源は選り取り空間が狭くなり、当月の輸入綿の輸入総量の割合を占めて下落しています。青島、張家港などの綿貿易企業からのフィードバックは、10月の港の外綿の現物(保税綿、通関綿を含む)の成約が非常に活発で、低ベースの差、価格性能比がやや高いブラジル綿/美綿は一度引き合いと出荷が盛んになりました。

なぜ10月の綿の輸入は前年同期に比べて大幅に伸びているのですか?

一つは9/10の「短くて、平らで、速